2018/03/15

ワンコの爪切り・ひげ切り・肛門腺絞り

先日、病院へ!

雪国のワンコは雪の上では爪がすり減っていかないので伸び放題です。
雪が解けて路面が出ると少しは解消されると思いますが・・!

セーブルのココの爪は白いところが多く、透き通っているため比較的きりやすいのですが、トライのモカの場合ほとんどの爪が黒い。
だからどこまで切っていいのかわからないため、お酒の入った父さんが切ると出血事件に!
2回ほど失敗したので次から病院へ!

次にひげ切りですが、モカの場合チョキチョキ切らせてくれるのですが、ココは嫌がって切らせてくれない。
貧相なひげだったから何とか切りたいなと病院へ!(病院にお願いすることではないと思いますが。)

結局みんなでやってきました、いつもの病院へ。
s-DSC_0499.jpg

s-DSC_0497.jpg
ここから見える大雪山はきれいなんですがあいにくお天気が。

s-DSC_0491.jpg
落ち着かない二人、玄関のほうが気になります。 (帰りたいヨ!) 

モカの爪切りは無事に終わって、ココのひげ切り・・・、やっぱり嫌がって無理でした。 お手数かけました(^^;)



無事帰宅した二人です。
s-IMG_1693.jpg
s-IMG_1696.jpg

ココのひげは切れなかったのですが、ココの大好きなハミガキの間にこっそり切っちゃいました。
最初からこうすればよかったんですね。

s-IMG_1704.jpg

黒い爪の切り方
 黒い爪は血管が見えないので先端の方から少しづつ切っていきます、そして爪の芯が見えてきたらやめます。
 これでいいのですが、なかなかできないんですよね!



肛門腺絞り

もともとは敵に襲われたときにスカンクのように臭いを出して逃げる機能が退化したものとか。

これは、ほっといたら破裂したりして大変なことになるようですね。

以前病院で教えてもらっていたので、家でやってます。あんがい簡単でした。 

左手で尻尾をつかんで上にあげてから、右手で肛門腺を親指と人差し指でギューって肛門の方に持ち上げるように絞ると臭いのきつい茶色い液体が!

肛門腺は肛門の少し下に筋肉のような手触りのものがあります。たまりすぎるとブドウの実のような触感になったりしますが。
シャワーの時にやればきれいに洗い流せるのですが、それ以外は気をつけないとワンコのお尻の毛につくと臭いが残って後が大変です。
特にシェルティの場合はお尻の毛がすごいですから。

今は月1回のシャワーの時と思いついたときにギューってやってます。

今日も雪が降ってます。  三寒四温とかいいながら少しずつ春になってくるでしょうね。

早く雪がなくなればいいな!
           
にほんブログ村        
2016/04/15

シェルティを飼う

我が家のシェルティももうすぐ4歳になります。
数年前はシェルティがほしくていろいろネットで調べたりしていました。

なかなか踏み切れなかったのは、もともと牧羊犬として草原を駆け回っていた犬種なので毎日の運動量が半端ではない。
散歩中には自転車や車を追いかけようとしたり、神経質で警戒心が強く人やほかの犬に吠える。
長毛種なので抜け毛が多く毎日のブラッシングが大変でシャンプーも毎月トリミング(約5,000円程度)に出さないと抜けた毛がフェルト状になって皮膚病になったりする。
中には先祖返りしてコリーのように大きくなったりする。
シェルティは目の病気や皮膚病になりやすい。  等等・・・・!
IMG_5583.jpg

でも、ほしい!
何度かペットショップに行くうちに売れ残りそうなのが一匹、随分と悩んだ結果、我が家に迎えることに!

そしてもうすぐ4歳
飼ってみると性格は、すごく穏やかで家の外では全く吠えません。
散歩はなぜか必ず飼い主の左側を歩きますし、どんな犬でも寄っていきます。(柴犬だけには近寄りすぎて吠えられますが。)
また、車やバイクがすぐそばを通っても知らんふりです。
IMG_5794.jpg



散歩は一日30分程度を一日2回程度、でも道北の冬は-20℃位になったりしますのでそんな日は適当に済ませます。湯たんぽ代わりにシェルティを抱っこしても暖かくはありません。北欧出身なので体温を逃がさないようになってるみたいですね。(自分だけ暖かい)
雨の日は散歩には行きません。支度して玄関に出て二人で雨が降ってるのを確認して中止します。(これで納得しているみたいです。)
IMG_6250.jpg


ブラッシングは基本手クシです。指に毛がひっかかったりするとブラッシングします。指に汚れを感じたらお家でシャンプー(月に1回程度)です。

体重は約12キロ弱で少し大きめですが、これぐらいが抱き心地がよくて気にいってます。

すごく頭がいいです、犬の中に3歳くらいの子供が入ってるかのような感じがします。

だから目を見て話をすれば伝わります。

moka-b_20160807191123fda.jpg

病気について
やはり病気にはなりました。
きてすぐに左目が白濁して病院へ。目薬をもらっても薬を嫌がるのでスプレーに入れて霧状にしてみたり。いろいろやっている間に完治。薬のせいでなおったとは思えないが。

それと皮膚病、昨年からおなかのあたりが赤くただれてきて痛々しいので近くの病院へ、膿皮症と診断され塗り薬をもらって塗ると少し良くなるけどしばらくしてまたひどくなる、の繰り返しでだんだんと悪くなっていくようで。別の病院に行くと飲み薬を処方されてこれでうそのように完治。


1IMG_5875_1.jpg
でも、シェルティがきてくれて本当によかったと思う今日この頃です。

追伸(H29.8.13追記)
現在、膿皮症は完治して再発は一切なくなりました。
原因はフードのアレルギーか、シャンプーにやり方の間違いのようでした。(どっちかわかりませんが)
フードは動物病院の斡旋したフードに、シャンプーはプロの方に教えていただいたやり方で始めてからは一切症状は出てません。
後からきたココは最初からその方法でしたので全く健康そのものです。
           
にほんブログ村