2017/10/11

レッグペルテスと診断されて

先日、ドッグランに行った帰りにいつもの動物病院にいって二人(匹)のワクチン注射をしてきました。
s-IMG_1921.jpg

順番が来て診察室に入るといつものように体重測定そして、先生の触診です。
s-IMG_1915.jpg

先生「栄養状態はいいですね。散歩とか運動はしてますか?」
父さん「散歩は結構してる方だと思います、今日もドッグランに行ってきたんですよ! ハハハハハ!  ココは走り回ってましたけどモカは私にくっついて歩いてましたけどねハハハハハ!」
s-IMG_1910.jpg

先生「この種は牧羊犬ですから走って普通なんですが?」
母さん「モカは父さんが好きで離れないんですよ。」

先生「モカ君はびっこひいたりしませんか?」
父さん「全然、普通に歩いてます、ハハハハハ。」
先生「ここを触ってください。」
父さん「こうですか?」
s-IMG_1934.jpg


先生「右足と左足の筋肉のつき方の違いが分かりますか?」

父さん「同じだと思います、ハハハハ」



先生「左足の筋肉が少し薄いでしょう!」

父さん「いや~、同じだと思いますが、ハハ」

先生「ここをこうもって見てください、違うでしょう?」
父さん「そういえば違うような! (話が進まないので妥協して)」

先生「こっちの足をかばって歩いてるかもしれませんね!」

父さん「えっ!!!」

先生「レントゲンですぐわかるんですが! レッグペルテスの疑いがありますね!」
父さん「えっ!」

母さん「じゃ、念のためにお願いします。」

がんばってレントゲン検査して、先生に呼ばれて結果は!

先生「やっぱり、レッグペルテスですね! 今まで痛くて走れなかったんですね!」
レントゲン写真には素人が見ても違和感のある影が!!!

急に発症したわけではないので、しばらく様子を見ることに!

レッグペルテス病(大腿骨頭壊死症)とは、後肢にある大腿骨頭(ふとももの骨の頭の部分)への血液の供給が不足し、骨頭が壊死することによって起こるそうです。ふつう1歳以下の成長期の小型犬で発症が多くみられるそうです。

そうか、痛くて走れなかったのか。 ごめんよ!

病気が分かってからのモカは以前に比べて甘えてくるようになったり、散歩でもなんか楽しそうだし。

たぶん「今まで痛くて走れなかったんだよ、やっとわかってくれたんだよね。」って言ってるような。
なんか以前より距離が近くなったような。


に、しても   先生すごい!! ありがとうございました。


s-IMG_1912.jpg

写真は今日の公園散歩でした!




           
にほんブログ村        

コメント

非公開コメント

No title

レッグぺルテス病、初めて聞きました
モカくん、ずっと足が痛いのを我慢して
いたのですね。゚(゚´ω`゚)゚。ピー
やっぱ、シェルティって我慢強いんだな~
ホント「先生、見つけてくれてありがとう」ですね!!
モカくん、気づいてもらえてよかったね。

※PCの不具合で、コメントが入力出来なくて 何度も足跡つけてしまいましたー
(*・ω・)*_ _))ペコリン

ひめママ 様

ありがとうございます!

私も初めて聞いたのですが、本人は歩くのは支障がないようなので様子見になります、びっこ引き出したら手術かも。

でも、手術もリスクはあるし生まれてから今までず~とだったから、このままかも!

悪くならないでほしいですね。

でも、病院帰ってからはモカは調子いいんですよ。
「やっと気づいてくれたの!」っていう感じで甘えてくるし、散歩もいつもより元気だし、飼い主とモカとの距離がずいぶん近くなったような感じです!

そのうち公園でお会いできますように!



No title

モカ父さんの常に笑ってる感じが笑えました(笑)

お話から「もしかして」に繋がる獣医さん。ほんとすごいですね。見習わなくては…!
いい獣医さんと巡りあえたモカくん!
良かったね (^-^)

モカくん、ココくんといつかまた遊びたいですね (Ü)

メイマシュの人 様

こんにちは、お久しぶりですね。

本当に獣医さんってすごいですよね。 
獣医さんって、みんなそうなんでしょうけど、飼い主が「全然なんともないですよ~っ」て言ってるのに、「いやこの子はここが痛いって言ってる」って、「霊能力者かっ!」って思っちゃうほどですね。
おまけにレントゲン写真でここがこうであうでって説明されてすっごく納得(素人でもわかりました)。

今、モカの甘えが始まってます!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

- - -  様

ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

たぶんモカの場合は、小さいころになっててそのまま今まで来たのではないかと思うんですよね!

もしかすると、これ以上悪化しないかもって思ったり、歩くのは痛くないのではないかなって思ったりしてます。

いずれにしても、先生と相談しながらやっていこうと思います。

ありがとうございました。

おはようございます^ ^

モカくん、痛かったのかな?
パパママに心配かけたくなかったんでしょうね。
シェルティは特に痛みに強い!とかかりつけ医も話しています。
信頼できる獣医さんが近くにいてモカくんも安心ですね^ ^

モカくん、パパママにたくさん甘えて痛いときは痛い!って言っていいんだよ〜

noelオカン 様

ありがとうございます!
先生も言ってましたが、この子はがまん強いから我慢してたんでしょうね!って。
病院から帰ってからは、性格が変わったように甘えん坊になったようです!

No title

今まで通りに普通に生活出来るんですよね!
それなら安心です!!
治療とかはするのですか?
やはり心配です、、。

マイロおやじ 様

この病気は、子犬の時に発症する病気らしいので、もしかするとこれ以上悪くならないのではと思ったりしてます。 いずれにしても様子見ですね! 本人はまったく痛みを感じてないように見えるし! 走らないだけなんですけど!

お大事に

初めまして。ピクシーです。
とても可愛いですね〜
もう奇麗に紅葉も奇麗!
痛いの分かって良かったですね。
お話が出来たらな〜っていつも思っています。
早く治りますように🍀

こんにちは^^まちです。

レッグぺルテス病じたいは、知りませんでしたが・・・
痛くて走れなかったのか?
わかってよかったです。

それで、治療すれば?よくなるのでしょうか?
原因が、わかって本当よかったです。

その先生~^^
すごいですね~
話聞いただけで・・すぐに気づくなんて!
おだいじにしてください。

早くよくなりますように・・・^^

ピクシー 様

ありがとうございます!

道北の紅葉はそろそろ終わりそうです。
次に来るのは「冬将軍」・・・・(寒)

いや~、先生には感謝です。
でも、今現在痛みはあるのかは不明です。
様子見て、ビッコひきだしたら先生に相談します!

今は何ともなさそうなんですが!!

まち 様

私も「レッグぺルテスって何?」って、思ったんですが!

調べるとちょっと怖いですね。

でもネットで調べると手術して治ったワンちゃんがたくさんいました。
ただ、みんな一歳前の若いワンちゃんばかりで、ウチのモカの場合は五歳半なんです。

ネットで調べても成長期の若い子がなるようなことを書いているので、もしかするとこのまま進行しないんじゃないかと思ったり。
実際、走らないけど普通に歩いてるし、部屋のなかではジャンプして寝ている母さん越しにソファーに飛び乗ったりするし!

まあ、経過観察ですね。ありがとうございます。